20代の若い世代でも大腸がんになることはあるの?

大腸がんになる一番多い世代が60代70代の老齢期です。

 

 

それは大腸がんがゆっくりと進行する癌だからです。

 

 

しかし、最近は日本人の食事が欧米化していることから、

 

若い世代でも大腸がんになる人が増加傾向にあります。

 

 

では、20代の若者も大腸がんになる確率はあるんでしょうか?

20代が大腸がんになる確率2%

医療の統計によると、20代が大腸がんになる

 

確率は、大腸がん患者からの割り合いでみると

 

全体数の2%という調査結果があります。

 

 

2%というと、少ない数字に見えますね?

 

 

しかし、年間では200人ほど20代でも大腸がんになっています。

 

 

全体数から見たらかなり少ない数になりますが、

 

それでもゼロということでもないんですね。

20代で大腸がんの心配をするべき人とは?

大腸がんというのは、リスクが高い人が中にはいるんですね。

 

その条件としては、

 

■大腸内にポリープがあった人

 

■家族に大腸がんを患ったことがある人

 

 

この二つは20代でも大腸がんリスクが一気に高まるので注意しないといけません。

 

この二つの条件と一緒に、以下の症状が現れたらさらに注意が必要です。

 

 

■下痢が続く

 

■血便

 

■便が細い

 

■便秘と下痢を交互に繰り返す

 

 

こういった症状があるのなら、

 

一刻も早い検査が必要になります。

 

なぜなら、癌というのは若ければ若いほど、

 

癌細胞が大きくなるのが早くなるからです。

 

 

20代でこれらの条件に思い当たる方がいたら、

 

すぐにでも大腸がんの検査を行うことを強くおすすめしたいと思います。